祭りで知り合った女性がさらしを巻く為にヒアルロン酸を注入して豊胸したという

とある地域のお祭りで仲良くなった御神輿を担いていた女性が、素晴らしいバストをしていました。
そこで、ちょっとからかい気味にそのことについて触れてみたら、実はヒアルロン酸を注入して豊胸手術をしていたことが分かり、ちょっとショックを受けました。
さらに詳しく話を聞くと、御神輿を担ぐ時にさらしを巻く際に、バストが小さいのがコンプレックスだったことや、ヒアルロン酸注入豊胸では固くなったりしこりができたりするなどの苦労話も聞けてしまいました。

さらしを巻く時に胸のサイズがコンプレックスだった

仲良くなった女性は、小麦色の健康的な肌で髪は金髪にしており、ちょっとヤンキー風な子でしたが、目鼻立ちは整っていてかなりの美人でした。
アイドルにもなれそうなくらいかわいくて、そしてなんといっても目を引いたのがその豊満なバストなのでした。
さらしを巻いていましたが、胸の谷間がばっちりできており、目のやり場に困ってしまいます。
御神輿担ぎの休憩時間に写真を撮らせてくださいといってコンタクトをとり、そこから仲良くなって、ご飯を一緒に食べる約束を取り付けました。
そのご飯を一緒に食べに行った際に色々と話をして、話がひょんなことから彼女のバストのことに及んだのですが、そこで彼女が実はこの豊満なバストはヒアルロン酸を注入してバストアップしたのだという告白を受けました。
ちょっと引いてしまいましたが、彼女が言うには、さらしを巻く時に胸のサイズが小さいのがコンプレックスだったのだとか。
なんだか話を聞いていると、ちょっぴり切なくなりました。

ヒアルロン酸での豊胸は胸が固くなる

ヒアルロン酸を注入して胸を大きくしたと聞いたのですが、私はヒアルロン酸の何たるかを知らなかったので、「人体にそんなものを入れても大丈夫なの?」と聞いてみました。
彼女が言うには、ヒアルロン酸は人体には無害な物質なので問題はないらしいです。
しかしヒアルロン酸でバストアップすると、固い胸になってしまうことがあるのだそうです。
専門的なことはよく分かりませんけど、吸収されずに残ったヒアルロン酸が固くなってしまうのだとか。
さらにその固くなった部位が、しこりのようになって癌に間違われることもあるようです。
乳がん検診とかで触診された場合、しこりがあるということで引っかかってしまうことがあるのだとか。
それは大変だなと感じましたが、ただ超音波検査などで精密に検査すれば、すぐに癌ではないことは分かるのだそうです。
それでも、いちいち癌に間違われたら面倒なのは否めません。
一応外科手術などをしてしこりを取り除くことはできるようです。
ちなみに彼女に胸をちょっと触らせてと言ったら、しっかり断られました。

PRサイト
ヒアルロン酸注入による豊胸法に興味ある方はこちらへ【ナグモクリニック】
URL:https://www.nagumo.or.jp/biyou/
TEL:0120-50-6553

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です